塗装の種類

一戸建てと芝生

外壁塗装を定期的に行っておくことで、外観を美しく魅せることができるのと防水性を復活させることができます。
外壁は耐久年数があり、そのままの状態でずっと使用していると雨水や湿気がしみ込んで家の内部までダメになってしまいます。
そのため、大掛かりなリフォーム工事を行う必要が出てきます。
ひび割れや白い粉が出てくる前に定期的に外壁塗装をしておくことで愛着のある家を数十年単位で使用することができます。
住宅の外壁の素材としてはモルタルやサイディングなどのボード材による外壁が一般的です。
これらは塗装による皮膜で覆われているため、皮膜が破れると内部まで湿気などが浸透してくる可能性があります。
自宅の構造や寿命を長持ちさせることは資産価値を高めることにもつながります。

モルタルなどを外壁に使用している住宅は10年ごとに塗り替えをすることで耐久年数をアップさせることができます。
サイディング自体の交換は25年から30年が目安になります。
塗り替えは10年が経過しなくても色あせや汚れが確認できたら塗り替えを行うことがお勧めです。
見た目をきちんと整えておくことで耐久性もアップすることにつながります。
塗料にも様々な種類があり、フッ素樹脂塗料は耐久性が高いことが特徴でビルなどの建物で多く使用されております。
近年は一般住宅でも使用されるようになってきました。
ウレタン樹脂やシリコン樹脂は一般的に多く使用されている塗料です。
10年程度の耐久性があるため、リフォームで多く使用されております。